アンガーマネジメント、怒りの感情伝染を防ぐ、退却戦略で逃げろ!!

シェアする

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

イライラしないちょっとしたヒント

会社の中で上司がイライラしていれば、部下もイライラする。

家庭の中で妻がイライラしていれば夫もイライラする。

そういった経験はないでしょうか。

怒りの感情は伝染します。

近くにイライラしている人がいて、自分もいられそうになったら、時にはその場から離れることも必要です。

例えば、風邪をひいてくしゃみをしている人がいれば、うつされないために、近寄らないようにするのと同じです。

そう考えれば、わざわざ自分からそばに寄っていったり、無理してそばにいようとしたりすることの方が、不自然なことと思えるはずです。

その場から離れることは、卑怯なことでも、負けることでもありません。

アンガーマネジメントでは、その場にいて上手に怒りの感情と付き合うことが難しければ、その場から離れることを勧めています。

これを「退却戦略」と呼びます。

米国では、アンガーマネジメントを習う時に、最初に習う言葉として “RUM!” が有名です。

意味は“走れ”ではなく、“逃げろ”です。

その場にいてトラブルに巻き込まれる前に、その場から離れるということです。

その場にいては怒りの温度が上がり続けて、怒りに支配された行動してしまうからです。

日本には、何故かその場から離れる事をひきょう、あるいは良しとしない文化がありますが、離れることはアンガーマネジメントでは、立派な退却戦略なのです。

離れた方がいいと思ったら、恐れずに自分から積極的に退却戦略を取れるようになりましょう。

その場から離れる時は、イライラしている人の姿が見えないところまで、イライラしている人の声が聞こえないところまで、離れるようにしましょう。

イライラ、怒りの影響下に身を置かないことも大切です 。

アンガーマネジメントのためのイメージイラストです。

<ウィキペディア>

アンガーマネジメント(Anger management)とは、

怒りを予防し制御するための心理療法プログラムであり、怒りを上手く分散させることができると評価されている[1]。怒りはしばしばフラストレーションの結果であり、また自分にとって大事なものを遮断されたり妨害された時の感情でもある。怒りはまた、根底にある恐れや脆弱感に対する防衛機制でもある]。アンガーマネジメント・プログラムでは、怒りは定義可能な理由によって生じる、論理的に分析可能な強い感情であり、適切な場合には前向きにとらえてよいものだと考えられている

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク