「 時事エッセイ 」一覧

日々の出来事に、自分の感性をMIXして語っていきます。

断水の尾道に、人情の井戸端がよみがえる

断水の尾道に、人情の井戸端がよみがえる

お寺や民家の庭、路地裏…。 忘れられたようにたたずんでいた手押しポンプや、つるべに再び光が当たっている。 中には江戸時代のものも、明治大正昭和時代を含めれば相当の数があることに気付いたのだ。 「ご自由にお使いください」「飲めませんが、トイレに使えます」。

豪雨被災地に人災受難、火事場泥棒に「火盗改め」出張れ

豪雨被災地に人災受難、火事場泥棒に「火盗改め」出張れ

困っている人を横目にした盗みは、数ある犯罪の中でも人として最も恥ずべき犯罪の一つだろう。 ここ西日本豪雨の被災地でも、きのう不届き者3人が「お縄」となった。 浸水で避難して留守になったコンビニに忍び込み、ATMから現金を盗もうとしたらしい。 被災地での空き巣犯は、東日本大震災や4年前の広島土砂災害でも続出してクローズアップされ、現地は自警団などで対応した記憶がある。

「置き勉」はダメ?小学生のシンボルはやはりランドセル?

「置き勉」はダメ?小学生のシンボルはやはりランドセル?

感情のリバイバルか、最近また小中学生の通学かばんが重過ぎると問題になっている。 教科書はますます厚くなり、かばんの重さが体重の半分に達することさえあるという。 健康や成長への悪影響も気になってしまう、成長化学的に真剣に検討のテーブルに乗せたことはないのだろうか。

スポンサーリンク