うれしい単身赴任?寂しい単身赴任、何より家族は同居が一番なんだけど・・・

シェアする

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

トランプ米大統領は就任以来の単身赴任が解消される見通しに。
ニューヨークに残した妻子が夏にホワイトハウスへ引っ越すことが決まった。
ロシア疑惑を巡り、孤立感は深まるばかり。
家族とのだんらんが恋しいはずだ。

この春も何人かの知り合いから転勤のあいさつ状を受け取った。
初めての土地へ単身赴任する人もいた。
子どもの学校を変えたくないとの思いからだろう。
転勤は本人にとっても家族にとっても一大事である。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8900733004870988"
data-ad-slot="6563354959"
data-ad-format="auto">


ちょっと気になる数字に出合った。
ある食品大手の調査によれば、夫の3割は単身赴任がうれしいと喜んでいる―と。
羽を伸ばせる暮らしに憧れるのが主な理由だそうだ。
本紙の地方版で一句見つけた。
身赴任妻のリモコンかいくぐる(山本一)

一方で、7割は家族に会えないのが寂しいと感じている。
誰もいない部屋に帰り、1人でご飯を食べていると妻を思い出すとの声も。
こちらは中国柳壇から。
単身赴任レジに並んで妻思う(石川義明)

単身赴任であらためて分かる家族のありがたみだろう。
ただ、家族と離れて暮らせば、ワークライフバランスは崩れる。
転勤の仕組みを含めた見直しは、まさに働き方改革の課題である。



家族もちの雇用労働者が、企業の転勤命令などによって単身で地域移動をすること。

農村からの出稼ぎ者も出稼ぎ先では雇用労働者となることから、広義では彼らも単身赴任者に含められる。

夫の単身赴任を理由に残された妻子が一家心中をするという事件 (1984) や、単身赴任を命ぜられた旧国鉄の幹部職員が宗教上の理由でその命令を拒否して退職するという出来事 (1985) などを通じて、単身赴任の問題点は社会的に大きく注目された。

家庭生活に及ぼす影響としては,、単身赴任者の健康管理の困難さ、二重生活による家計の負担増,家族間のコミュニケーションの減少などがあげられている。

今日では、男女雇用機会均等法によって総合職を選択した女性にも、転勤に伴う単身赴任の可能性は増大している。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク